出産育児一時金

出産費用、そして妊娠中の通院費用は基本的に保険が適用されずに全て自己負担です。 と考えると、1年近い通院と出産後の入院費用、考えただけでいくらかかるのかが不安になります。 多くの人がそう考えてしまい、出産が出来ないから産まないという選択肢が増えてしまいます。 すると、少子化が更に進んでしまうという事にもなりかねません。


それを心配する声もあり、少しでも経済的負担を少なくする為にと出産育児一時金があります。 これは、子供1人につき42万円受け取る事が出来ます。 セレブな病院ではない限り、一般の出産は40万~50万ほどなので大体この一時金で負担する事が出来ます。 これは、かなり大きいことです。 受け取り方は一般的には、直接支払いと言って出産予定の病院を申請して病院に直接支払ってもらうという方法です。 この場合の差額は多ければ自己負担して、42万未満だった場合は受け取る事が出来ます。


それ以外にも、自分で立て替えておいて、出産後に受け取るという方法もあります。 この出産育児一時金は、国民保険や健康保険に加入している人は必ずもらえるものです。 申請期間は出産後2年以内なので、育児に忙しくとも忘れずに注意してください。 そう考えると、出産前に直接支払いの申請をしておく事方が安心かもしれません。